メンタルヘルスの現状と課題

ホーム > メンタルヘルスとは > メンタルヘルスの現状と課題

メンタルヘルスは、企業が発展するために重要な要素を担っています。

メンタルヘルスは、企業が発展するために重要な要素を担っています。

メンタルヘルスとは
やる気や意欲といった精神面、また人員の確保に大きく影響してくるからです。

ストレス社会といわれる中、仕事をする上で、業務内容、仕事の量、また職場の人間関係等、様々なストレス要因により精神的に疲労し、身体に支障をきたす、また仕事の効率低下やミスの増加、休職に至るケースも年々増加しております。

さらには、損害賠償問題に発展し、金銭的な面だけでなく、企業イメージの低下など、メンタルヘルス問題は発展を願う企業にとって大きな損害をもたらすケースも近年頻繁に見受けられるようになりました。

このようなメンタルヘルス問題を解決していくためは、社員一人ひとりがストレスへの対応能力を上げ、また職場内でストレス過多の社員を早期に発見し、早期に対応していくことが必要不可欠です。

メンタルヘルス力を身に付けた状態では、ストレス環境でもうまく適応できるようになり、仕事上のストレスに左右されることなく、自分の能力を発揮できる体制を整えることができます。また、やる気や意欲、協力意識といったプラスの空気感を維持できることにより、職場の雰囲気も良くなり、団結力が生まれやすい環境を整えることができます。

ただ実際に、どのような取り組みを行ってよいのか、具体策が分からないという声も多く、メンタルヘルス対策へ踏み込めていないことが大きな課題となっています。

お電話でのお問い合わせは…東京:03-6721-7551 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ
メンタルヘルスとはメンタルヘルスの現状と課題メンタルヘルス実践のメリット
メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホームメンタルヘルスとは|メンタルヘルスの現状と課題

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6721-7551(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介