メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ

キャリアカウンセラーとメンタルヘルスカウンセラー (17/06/29)

キャリアカウンセラーメンタルヘルスカウンセラー

協会には、キャリアカウンセラー(キャリコン)の資格保有者も多く、メンタルヘルスカウンセラー養成講座を学びに来られます。

キャリアカウンセラーは、文字通り、就職や転職といった職に対する相談対応をする人。

かたやメンタルヘルスカウンセラーは、職が決まらなかったり、職に対する不安を解消し、職探しを意欲的に行っていく心をサポートする人。

もっと言えば、メンタルヘルスカウンセラーは、職探しの方のセルフケアを行う人のことです。

それぞれが、担う役割が違うのです。

キャリコンの方に人気なメンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。

**日本メンタルヘルスケアサポート協会公式ライン、始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントラインでは、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。ぜひライン登録してみてください♪

友だち追加


職場でメンタルヘルスケア研修を行うことのメリット (17/06/29)

職場メンタルヘルスケア研修を行うことのメリット】

職場でメンタルヘルスケアに関する研修を実施する企業h増えてきています。

メンタルヘルスケア研修を行うことによって、どんなメリットがあるのでしょうか。

一つは、メンタルヘルスケアを定着させることによるリスク回避。

年収が450万円の社員が1名1年間休職した場合、750万円の損失額が出ると言われるくらい、残された社員への負担も大きくなります。

もう一つは、生産性の向上。

メンタルの不調は、身体へだけでなく、ミスが増えるなど、行動にも支障をきたします。

逆にメンタルヘルスケアを行うことで、効率向上、冷静な判断などが行えるようになったり、職場の雰囲気が良くなることで、団結力も深まります。

だからこそ、健康維持は、心身ともに行っていくことが、企業の成果や利益へとつながる可能性が高くなるということです。

*企業でどのようなことを行うのか、メンタルヘルスケア研修は、こちら。

**日本メンタルヘルスケアサポート協会公式ライン、始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントラインでは、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。ぜひライン登録してみてください♪

友だち追加


メンタルヘルスと心理学の関係性 (17/06/28)

メンタルヘルス心理学の関係性】

メンタルヘルスは、メンタルという観点から、心理学と大きく関わってきます。

心理学は心の分析や心理手法を学ぶ学術。でも心理学は「ヒトの心の動き方を知り、治癒するには、どんな療法があるか」を学ぶ学術であり、目的は、ヒトの幸せはどこにあるのか、ではないでしょうか。

そのスキルを傾聴を通じて行うのが、心理カウンセリング。

メンタルヘルスも同じ。

目的は、ヒトの幸せはどこにあるのかを探すこと。

ただメンタルヘルスは「「ヒトの心の動き方を知り、ストレスが解消するには、どんなストレスケア法があるか」を学ぶ学術だということ。

心理療法を学ぶのか、ストレスケア法を学ぶのか、それによって心理カウンセラーとなり、メンタルヘルスカウンセラーになるだけです。

メタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

**日本メンタルヘルスケアサポート協会公式ライン、始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントラインでは、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。ぜひライン登録してみてください♪

友だち追加


メンタルヘルスカウンセラーと心理カウンセラーの類似点と相違点 (17/06/28)

メンタルヘルスカウンセラー心理カウンセラーの類似点と相違点】

メンタルヘルスカウンセラーと心理カウンセラーには、多くの類似点といくつかの相違点があります。

メンタルヘルスカウンセラーと心理カウンセラーの類似点は、相手の問題解決を行うためのカウンセリングを行う、とうこと。

カウンセラーである部分、これは大前提となります。そして様々な専門技法を用いてカウンセリングするというのも同じ。

行う手順は、同じなのです。

ただいくつかの相違点とは、「様々な専門技法」が違うということ。

要は、何を扱い、何を使って、何を問題解決するか、です。

心理カウンセラーの場合は、疾患に近い症状や精神面でトラウマ等も扱います。

そのため、「精神療法」を使って、「心を癒す」ことが目的です。

メンタルヘルスカウンセラーの場合、扱うものは、主には「ストレスに対する悩み」です。 

そのため「ストレスケア法」を使って、「ストレスを解消する」ことが目的です。

大きく違うのは、対象者と、扱う手法が精神療法かストレスケア法か、です。

メンタルヘルスカウンセラーは、どちらかというと心理カウンセラーに行く前の早期の段階で関わる人といえるでしょう。

ただ、早期だからこそ、ここでしっかり関わり、さらなる悪化を食い止めるのは、メンタルヘルスカウンセラーにとって最も重要な役目になります。

メンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら。

**日本メンタルヘルスケアサポート協会公式ライン、始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントラインでは、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。ぜひライン登録してみてください♪

友だち追加


メンタルヘルスに有効な栄養素とは (17/06/27)

メンタルヘルスに有効な栄養素とは】

メンタルヘルスを行う上で、メンタルの栄養源として、食事からとる栄養素は必要不可欠です。

それは、脳の栄養源となり、脳で作られる元気の素の栄養源だからです。なのでメンタルと食事は、切っても切れない関係にあるのは、明らかです。

食事からとれるメンタルに有効な栄養素に、トリプトファンがあります。

これは幸せホルモン、または活力ホルモンといわれるトリプトファン生成の材料になるからです。

セロトニンの量が増えると、意欲やイキイキといった感情が出てきます。

もっと言えばセロトニンがしっかり出ている状態が、いわゆる「心の健康」な状態です。

ではどのようにしてトリプトファンを摂るのでしょうか。

それを全てメンタルヘルス栄養食育学で学べます。

メタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

**日本メンタルヘルスケアサポート協会公式ライン、始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントラインでは、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。ぜひライン登録してみてください♪

友だち追加


心に効果的な食事法 (17/06/27)

に効果的な食事法】

心の身体は、繋がっているといわれます。なぜなら心とは、脳の活動だからです。

この脳から出されるセロトニンという脳内神経伝達物質が鍵を握っています。このセロトニンと食事法に関係があるのです。

別名、幸せホルモン、活力ホルモンと言われるホルモンで脳=心が正常であると、昼間にたくさん排出されます。

逆に脳=心が不健康だと、その量が少なくなります。

このセロトニンの生成をする材料がトリプトファンという必須アミノ酸。

では何から摂取すればよいのか、どの食品に多く入っているのか、食べ合わせは?

家族のメンタルヘルスを守るためにもぜひ食事スキルを習得してみてください!

 

食事管理も行えるメンタルヘルスカウンセラー養成講座はこちら

**日本メンタルヘルスケアサポート協会ライン、始めました!**

日本メンタルヘルスケアサポート協会公式アカウントラインでは、季節のメンタルヘルス情報やお得なキャンペーン、ラインだけの特典などの情報をお届けするラインを始めました。ぜひライン登録してみてください♪

友だち追加


メンタルヘルス認定資格講座が20%OFF!~本日(26日)まで (17/06/26)

メンタルヘルス認定講座が20%OFF!】~本日(26日)まで

ストレスケアを行うカウンセラーを養成するメンタルヘルスカウンセラー養成講座など、認定資格講座が今なら全て20%OFF!

メンタルヘルスカウンセラー養成講座は、カウンセラーの基本である傾聴に加え、ストレスケアに必要な技術、また業界唯一メンタルヘルス栄養食育技術を習得できる講座です。

職場や友人のストレスケアに、また家庭でできるメンタルヘルスに実用性があり、働く方だけでなく、お子様のストレスケアを行いたい主婦の方にも人気です。

今回のキャンペーンを利用して、周りの方の笑顔と元気を作れるあなたになってください(^^♪

メンタルヘルス特別キャンペーンについては、こちら。

 


 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-6721-7551 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-6721-7551(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介