メンタルヘルスなひとときブログ

ホーム > メンタルヘルスなひとときブログ

メンタルヘルスカウンセリングの効果 (19/12/06)

メンタルヘルスカウンセリング効果

メンタルヘルスカウンセリングは、職場や生活において、主に今抱えているストレス問題解決を目的としているカウンセリングです。

そのストレスを溜め続けると、どんどん重たいものになり、しいては心の病まで発展するケースも増えています。

メンタルヘルスカウンセリングは、早期の段階のストレスを解消することで、重症化することを防ぐだけでなく、仕事にイキイキと取り組める状態を早く作ってあげることができるのです。

相手のストレスを解決する技術を習得できるメンタルヘルスカウンセラー養成講座は、こちら。

 


上司の休職者への関わり方 (19/12/03)

【上司の休職者への関わり方

上司として休職者への関わり方でどうしたらよいのか、そこに迷う方がいます。

休職者への関わり方として、以下の点を押さえておいてください。

①休職初期は、休職に必要な手続きのみの連絡にする。

②家族や主治医との連絡網を確保する。

③職場には事前に連絡を取らないよう伝えておく。

以上がなぜポイントかというと、休職者の治療に関わってくるからです。

休職中の治療の要は、休養。

仕事のことを忘れ、ゆったりとした気持ちで過ごせるようになった時からが治療の開始です。

その時、安易に連絡を取ると、また仕事のことを思い出し、治療の妨げになる可能性もあります。

休職者へは特に注意を払って頂きたいポイントです。

*メンタルヘルスの具体的な行動法が知れるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

== ======================================

メンタルヘルス資格が取れるメンタルヘルスカウンセラー通信講座はこちら↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/

 

 

 


メンタルヘルスに良い食事のとり方 (19/11/14)

メンタルヘルスに良い食事のとり方】

メンタルヘルスと食事というのは、関係ないように思われるかもしれませんが、実は大ありです。

何故かというと「感情」は何でできているかというと、たんぱく質が素になっています。

タンパク質が様々分解され、感情をつかさどるホルモンへ変化をします。

このホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニン、メラトニンがあります。

特にセロトニンは、幸せホルモンとも言われ、幸福感をになうホルモン。

そしてメラトニンは、睡眠をつかさどるホルモン。なぜストレスを感じると寝れなくなるのか。

それは、セロトニンがストレスにより消費されるとメラトニンの生成数が少なくなり、結果的に快眠ができないのです。

だからこそ、大切なのはタンパク質をしっかりとることが求められるのです。

== ======================================

メンタルヘルス食育内容がびっしり入ったメンタルヘルスカウンセラー通信講座はこちら↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/

 

 


通信講座のメリット~メンタルヘルスについて (19/11/05)

通信講座のメリット~メンタルヘルスについて】

メンタルヘルス・ハラスメントに通信講座が出てきております。

メンタルヘルスに関わらず、何の通信講座もそうかもしれませんが、大きなメリットとして、繰り返し何度も「確認」できるという事。

1回目は「学び」「知識の習得」。

2回目は「復習」。

3回目以降は、「反復と定着」「確認」です。

例えば英会話。言葉を知って頭に「定着」させるには、何度も繰り返し聞き、頭の中に定着させる必要があります。

メンタルヘルス・ハラスメントも、現場で必要なスキル。

通信講座は、授業一回ではなく、使えるようになるために大切な自主練です。

== ======================================

メンタルヘルス通信の内容に役立つメンタルヘルスカウンセラー通信講座はこちら↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/

 

 

 


定期的なメンタルヘルス通信はメンタルヘルスの壁を薄くする手段 (19/11/01)

【定期的なメンタルヘルス通信はメンタルヘルスの壁を薄くする手段】

社内にメンタルヘルスをどう浸透させるかで悩んでいる企業は多いです。メンタルヘルス通信は様々な方法がありますが、

大切なのは、定期的にメンタルヘルスを通信すること。

メンタルヘルス分野は特に1回だけの通信では人はスルーしますし、関係ないと思います。

だからこそ、「また来た」から、「まぁ見てみようか」に持っていくことが最初のステップ。

そこで確かな情報であれば、「また見てみよう」につながります。

メンタルヘルスは通信力だけでなく、「粘り強さ」を兼ね備えていないと浸透にはつながらないのです。 

== ======================================

メンタルヘルス通信の内容に役立つメンタルヘルスカウンセラー通信講座はこちら↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/

 

 


本日最終!メンタルヘルス通信講座・メンタルヘルス対策強化キャンペーン~9・10月限定 (19/10/31)

メンタルヘルス通信講座メンタルヘルス対策強化キャンペーン中~9・10月限定 】

日本メンタルヘルスケアサポート協会では、9・10月をメンタルヘルス対策強化月間とし、

個人、または企業のメンタルヘルス対策をより推奨して頂くキャンペーンを行います。

実は秋から冬に移るこの時期は、季節の変化で気分障害を起こす方が1年で一番多い時期です。

周りの方、また企業内にメンタルヘルス不調者を出さないために、さらに元気で働き続けるためにも、

メンタルヘルス技術は必要です。

日本メンタルヘルスケアサポート協会が提供する講座の中でも、

最も人気の高いメンタルヘルスカウンセラー通信講座をこの度特別割引にてご提供いたします。

この機会にぜひメンタルヘルスを取り入れてください。

==========================

メンタルヘルス対策強化キャンペーン

※10月31日(木)23:59までにお申し込みの方限定

定価98000円(税別)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

キャンペーン価格58000円(税別)!

==========================

※複数希望の場合は、人数分の登録が必要です。

メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細は、こちら。

 


指導とハラスメントの違いとは (19/10/28)

指導ハラスメントの違いとは】

最近よく目にするハラスメント。パワハラ、セクハラなど、問題として取り上げられています。ただ逆に指導できなくなっている上司も並行して増えています。

 まずは「指導」について。指導には目的があります。

「社会に通じる人になるよう、教育する事。」

仕事をする上で、適切ができないと、部下自身に障害となります。

分かりやすく言えば、指導は相手のため、相手軸。

では「ハラスメント」は。

自身の感情を満たすのが大きな目的で、自分のため、自分軸。

優位に立ちたい、劣等感や孤独感の払拭、すっきり感、安心感。

複雑な感情を満たすことが目的です。

ハラスメントといわれるのが怖くて、指導ができない。

ポイントは相手のためかどうか。

もう一つは、言動として自分だったら受け取れる言動かどうか。

大切なのは、相手を思う気持ちと配慮です。

ハラスメントが学べるメンタルヘルスケア研修は、こちら。

========================================

自宅でメンタルヘルスが学べるメンタルヘルスカウンセラー通信講座はこちら↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/

 

 


 2 3 4 5 6 7 8 9 10  [NEXT]
お電話でのお問い合わせは…東京:03-3256-7721 大阪:06-6779-6091お申し込みお問い合わせ

最新記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メンタルヘルスなメルマガ通信メンタルヘルスケア検定メンタルヘルス講師派遣のご依頼はこちらメンタルヘルス研修に活用できる助成金について受講生の声メンタルヘルスなひとときブログよくあるご質問

ホーム|メンタルヘルスなひとときブログ

お電話でのお問い合わせ・お申し込みは

03-3256-7721(東京)06-6779-6091(大阪)

お申し込みお問い合わせ各会場紹介